こんなときは増える?減る?〜特別受益、寄与分など〜

 例えば、母親が死亡し、その相続人は長男と長女の2人だけとします。

特別受益

 お母様が亡くなる前、長男は大きな財産をお母様から譲り受けていませんか?
相続人の中に、結婚や親元から独立するための資金としてお金や不動産の贈与を受けている者がいる場合、その者の相続分を減らすことによって、相続人間の公平を図ります。このような贈与などを特別受益といいます。
 例えば、現時点で時価5000万円の財産が残っており、長男が独立の際5000万円の不動産を買ってもらっている場合、遺産を1億円として計算し、5000万円分を長女が相続できることになります。


寄与分

 お母様の面倒を一人でみてきたのではありませんか?
相続人の中に、被相続人(このケースではお母様)の財産の維持・形成に貢献をしてきた者がいる場合、その者の法定相続分に相当額を加え、相続人間の公平を図ります。これを寄与分といいます。
 「財産の維持・形成」が対象なので、親族が一生懸命扶養してきたということだけでは寄与分として認められないことが少なくありません。母親の仕事を手伝ってきたとか、同居して母親の生活費を専ら子どもが出してきたとか、つきっきりで自宅介護を続けてきたなどの事情がある場合、遺産全体の数%から数十%の寄与分が認められることがあります。

遺産の評価

 遺産の評価は正しくされていますか?
 遺産の評価は時価が基準とされています。しかし、特に不動産については評価方法や評価者によってその価格は大きく異なります。
土地の場合、固定資産税評価、路線価、公示価額、近隣の取引事例等を参考に客観的に公平な価格が決められますが、先方から評価額の提示がある場合、こちらでも慎重に検証する必要があります。

分割の方法

 これまで住んできた家に住み続けたい、そのような希望はありませんか?
遺産に不動産がある場合、名義は親名義である者の、相続人が一人で、あるいは親と一緒に住んできた家の場合、そのまま自分名義にしたいという希望がしばしばみられます。このような場合の分割方法としては、不動産の名義(登記)を共有にする、不動産を売却してその代金を分けるという方法の他に、特定の相続人が単独で名義を取得し、他の相続人に相続分相当額を金銭で支払う、という方法があります。これを代償分割といいます。
 なお、分割の方法によって、かかってくる税金も変わってくる場合があるため、注意が必要です。

 個別のケースについては、弁護士にご相談ください。

 法律相談ご予約 TEL:03-5501-2151 相談料 30分 5250円
まずはお電話にて、
法律相談をご予約ください。
イオロイ
五百蔵洋一法律事務所
TEL:03-5501-2151
執務時間:9:30〜18:00